栄地区センター定期総会。いよいよ事業本格始動

 5月25日、栄地区センターで定期総会が開催されました。
 総会は、冒頭、菊地・運営委員長から「栄地区センターは、平成6年(1994年)11月に地域の皆さんが気軽に集う、「文化と健康、ふれあいの広場」として開館し、30年の節目を迎えます。今後も、地域交流の拠点として、住民の期待が大きな施設なので運営委員(栄東9名・栄西8名)を始め、職員13名が連携・協力し地域に根差した活動をしたいきたい」との挨拶がありました。

 議案の5年度事業報告では、①講座会・講習会(美尻フィットネス、スープカレー教室など49回、267名参加)、②地域交流会(読み聞かせの会、文化祭など49回(2563名参加)、③運営管理事業(広報紙発行、利用アンケート調査など、37回実施)が報告されました。決算は3,523万円余(人件費2,061万、管理費1,363万、事業費98万)となっています。

 また、6年度事業計画・予算案では、30週年記念文化祭を9月28・29日に開催すること、定期講座、地域交流会、施設活用事業を実施し、予算総額3,979万円余の提案がありました。

 さらには、運営委員の改選があり、いずれも原案どおり承認となりました。いよいよ6年度事業が本格的に始動します。

(写真は運営委員等のみなさん)

Views: 83