安心、子ども、高齢者の3本柱で6年度も事業推進

 栄東地区まちづくり未来会議は、5月16日に総会を開催し、5年度事業・決算と6年度計画・予算を報告しました。

 未来会議は、栄東まちづくりセンターの運営受託をはじめ、事業の経営責任を負う運営委員と事業に協力する協力委員で構成します。総会は、運営委員会で決定した事項を報告し、協力員を含めた構成員の幅広い意見を聞き、今後の事業執行に生かしていこうという仕組みです。

 この日は、協力員を含め36名が出席し、5年度事業報告・決算報告、6年度事業計画・収支予算が説明されました。運営委員は、11の地域活動団体と27名の委員で構成し、協力委員は、保育園や幼稚園、学校・PTA、企業や行政機関など49団体・機関の代表からなっています。様々な団体から得られる情報やノウハウなどを事業に生かすことができ、こうしたネットワークで円滑な連携を図っている点が、未来会議の特徴と言えましょう。

 6月の花いっぱい2024事業、7月のひのまるちびっ子なつまつり、8月のひのまる公園盆踊り、10月の実践的避難所運営訓練、2月の雪まつりウエルカム事業など、大きな事業が目白押しです。運営委員、協力委員が連携しながら、6年度も大きな成果をもたらしてくれることでしょう。

Views: 66